ダンス・ダンス・アジア

〜クロッシング・ザ・ムーヴメンツ〜

ダンス・ダンス・アジア

ダンス・ダンス・アジア

公演詳細

公演日程
2017年4月22日(土)~23日(日) ハノイ(ベトナム)、4月28日(金)~29日(日) マニラ(フィリピン)
演目
演出・振付:Lion T(BIG TOE)(ベトナム)
ダンサー:C2Low(ベトナム)、HOSHITO(日本)、Jackson Boogie J(マレーシア)、Maitinhvi(ベトナム)、MARIN(日本)、Michael Sim(シンガポール)
ヒューマンビートボクサー:MK(ベトナム)

演出・振付:Vince Mendoza "Crazybeans"(フィリピン)
出演:Bboy Allen(フィリピン)、Bird(シンガポール)、Khenobu(マレーシア)、松田尚子(日本)、Rhosam V. Prudenciado Jr. "Sickledsam"(フィリピン)、Salt(インドネシア)
DJ:MED MESSIAH(フィリピン)
ベース・クビン ※フィリピンの口琴:Carlo Bernardino(フィリピン)

演出・振付:牧 宗孝 MIKEY from 東京ゲゲゲイ(日本)
出演:A-Yao Ninja(台湾)、El-John(フィリピン)、kEnkEn(日本)、RenZ(フィリピン)、TeDoubleDy Teddy(マレーシア)

アジアの新進気鋭の演出家とダンサーによる国際共同制作舞台公演
ストリートダンスでアジアを繋ぐプロジェクト

ダンス・ダンス・アジアは、舞台作品の共同制作・上演を通じ、ストリートダンスをキーワードに活躍するダンサーやクリエイターのアジア域内の交流を促進し、新たな文化の創造を目指すプロジェクトです。ここ数年、ストリートダンスを軸とした舞台作品は新しい表現として、ダンサーや演劇・映像クリエイターのみならず、舞台評論家からも注目されており、ダンス・ダンス・アジアはその一端を担っています。

3年目を迎えた今年は、ダンサーとしても活躍している牧宗孝 MIKEY from 東京ゲゲゲイ(日本)、Vince Mendoza “Crazybeans”(フィリピン)、Lion T(ベトナム)の3人を演出・振付家として起用。
多国籍で構成される気鋭のダンサーたちとともに、マニラ(フィリピン)やハノイ(ベトナム)でのクリエイションを経て東京に集結。様々な文化背景をもつダンサーたちが多彩な表現力と卓越したテクニック、音楽が融合された3作品を披露しました。
2016年の東京公演を経て、2017年4月にハノイ(ベトナム)、マニラ(フィリピン)にて公演を行います。

公式サイト:http://dancedanceasia.com

公演概要

  • 主催

    国際交流基金アジアセンター、(株)パルコ

その他の公演