INTRODUCTION

2017年9月~10月にKAAT神奈川芸術劇場、新国立劇場中劇場にてKAAT×パルコ プロデュース公演「オーランドー」を上演します。
日本初演となる本作は、20世紀モダニズム文学の重鎮で最も有名な女流作家のひとりであるヴァージニア・ウルフの代表作を、1974年生まれのアメリカの劇作家サラ・ルールが翻案。サリー・ポッター監督の映画「オルランド」(1992年)でも知られる人物オーランドーを、現代的に生き生きと甦らせます。

奇想天外なストーリーながらも、数奇な運命をたどるオーランドーの人生をなぞり、“真の運命の相手には時代も国も性別も関係なく巡り合えるはず!”というヴァージニア・ウルフの強いメッセージが感じられる本作を演出するのは、KAAT神奈川芸術劇場の芸術監督・白井晃。これまでKAATプロデュース公演で「ペール・ギュント」「夢の劇―ドリーム・プレイ―」「マハゴニー市の興亡」など上質でアカデミックな印象の作品を演出。そして2017年秋、芸術監督シリーズ企画の最新作として選んだのが「オーランドー」です。わずか6名の俳優で、これまでとはひと味異なった新たな表現に挑戦します。

出演は、あらゆる女性を虜にする美貌の青年貴族・オーランドー役に多部未華子。性と時を超える魅惑の人物に挑戦します。オーランドーを寵愛するエリザベス女王には小日向文世。さらに、TEAM NACSの戸次重幸や、池田鉄洋、野間口徹らが、年代や性別の異なる複数の人物を演じわけます。さらに、20歳の新進女優、小芝風花がミステリアスなロシアの姫君サーシャに挑戦します。

STORY


16世紀のイングランドに生を受けた少年貴族オーランドーは、エリザベス女王をはじめ、あらゆる女性を虜にする美貌の持ち主。しかし初めて恋に落ちたロシアの美姫サーシャには手ひどくフラれてしまう。傷心のオーランドーはトルコに渡る。その地で30歳を迎えた彼は、なんと一夜にして艶やかな女性に変身!
オーランドーは18世紀、19世紀と時を超えて生き続け、またもや運命の人に会う。 そして時は巡り20世紀・・・。
愛とは、運命とは、そして言葉とは。16世紀から20世紀へ。
さあオーランドーと一緒に、時を飛び越えてめくるめく冒険の旅に出かけよう。

CAST/STAFF

原作:ヴァージニア・ウルフ
翻案・脚本:サラ・ルール
翻訳:小田島恒志 小田島則子
演出:白井晃
出演:多部未華子 小芝風花 戸次重幸 池田鉄洋 野間口徹 小日向文世
演奏:林正樹 相川瞳 鈴木広志

STAFF

美術:松井るみ 音楽:林 正樹 照明:高見和義 音響:佐藤日出夫
衣裳:伊藤佐智子 ヘアメイク:川端富生 振付:スズキ拓朗 歌唱指導:満田恵子
舞台監督:福澤諭志 演出助手 : 河合範子 プロダクション・マネージャー:安田武司(KAAT) 宣伝:る ひまわり
制作:三宅 彰(PARCO) プロデューサー:田中希世子(PARCO)/石井宏美(KAAT)
企画製作:KAAT神奈川芸術劇場/株式会社パルコ

STAFF

1882年 - 1941年。イギリスの女性小説家、評論家、書籍の出版元であり、20世紀モダニズム文学 の主要な作家の一人。両大戦間期、ウルフはロンドン文学界の重要な人物であり、ブルームズベリー・グループの一員であった。代表作に『ダロウェイ夫人』 Mrs Dalloway (1925)、『灯台へ』To the Lighthouse (1927) 、『オーランドー』 Orlando (1928)、『波』The Waves(1931)などの小説や「女性が小説を書こうとするなら、お金と自分だけの部屋を持たなければならない」という主張で知られる評論『自分だけの部屋』A Room of One's Ownなどがある。

  • シカゴ出身。代表作に『Stage Kiss』、『In the Next Room, or the vibrator play』 (ピューリッツァー賞最終候補、トニー賞最優秀作品賞ノミネート)、『The Clean House』 (2005年ピューリッツァー賞最終候補、2004年スーザン・スミス・ブラックバーン賞)、『Passion Play』 (ペン・アメリカン賞、ケネディ・センター・ザ・フォース・フリーダム・フォーラム・プレイライティング賞)、『Dead Man’s Cell Phone』 (ヘレン・ヘイズ賞)、『Melancholy Play』 (トッド・アーモンド主演ミュージカル)、『Eurydice』、『Orlando』、『Demeter in the City』 (NAACP全米有色人種地位向上協会賞ノミネート)、『Late: a cowboy song』、『Three Sisters』、『Dear Elizabeth』、『The Oldest Boy』、『For Peter Pan on her 70th Birthday』。

    手掛けた作品はこれまでブロードウェイのライシーアム・バイ・リンカーン・センター・シアター、オフ・ブロードウェイのプレイライツ・ホリゾンズ、セカンド・ステージ及びリンカーン・センターのミッツィ・ニューハウス・シアターで上演されている。また作品は全米各地で製作され、主にエール・レパートリー・シアター、グッドマン・シアター、バークレイ・レパートリー・シアター、シカゴのピヴェン・シアター・ワークショップで初演。アメリカ国外でも12以上の言語に翻訳され、上演されている。

  • 早稲田大学卒業後、1983-2002年、遊⦿機械/全自動シアター主宰。劇団活動中よりその演出力が認められ、演出家として独立後は、ストレートプレイからオペラ、ミュージカルまで幅広く手掛けている。中でもポール・オースター作『ムーン・パレス』『幽霊たち』他やフィリップ・リドリー作『ピッチフォーク・ディズニー』『宇宙でいちばん速い時計』『ガラスの葉』『マーキュリー・ファー』他など海外の小説や戯曲を独自の美学で演出し、好評を博す。近年の 演出作品にKAAT神奈川芸術劇場プロデュース『マハゴニー市の興亡』『春のめざめ』、『ビッグ・フィッシュ』、『No.9-不滅の旋律-』、音楽劇『ヴォイツェク』、『ジャンヌ・ダルク』他、オペラ『愛の白夜』『オテロ』他。01、02年の演出活動にて第9回、第10回読売演劇大賞優秀演出家賞受賞。05年演出『偶然の音楽』にて平成17年度湯浅芳子賞(脚本部門)受賞。また12年演出のまつもと市民オペラ『魔笛』にて第10回佐川吉男音楽賞受賞。 2014年4月よりKAAT神奈川芸術劇場アーティスティック・スーパーバイザー。2016年4月同劇場、芸術監督就任。

CAST

  • 1989年生まれ。東京都出身。映画「HINOKO」「青空のゆくえ」で2005年度ブルーリボン賞新人賞、及び日本映画批評家大賞新人賞受賞。2010年度エランドール賞新人賞、また舞台「農業少女」(10)で読売演劇大賞・優秀女優賞と杉村春子賞受賞。「ピース オブ ケイク」で15年度日本映画批評家大賞主演女優賞、加えて「映画 深夜食堂」との2作品で日本映画プロフェッショナル大賞主演女優賞受賞。人気・実力を兼ね備えた女優として常に注目を集める。近年の主な舞台に「ふくすけ」(12)、「わたしを離さないで」「キレイ~神様と待ち合わせした女~」(14)、「ツインズ」(15)、「尺には尺を」(16)。映画に「君に届け」(10)、「源氏物語 千年の謎」(11)、「ライアーゲーム -再生-」(12)、「あやしい彼女」「映画 続・深夜食堂」(16)。主なテレビにNHK「つばさ」(09)、NTV「デカワンコ」(11)、TBS「大奥 ~誕生[有功・家光篇]」(12)、NTV「ドS刑事」(15)、NTV「視覚探偵 日暮旅人」(16)、NHK「ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~」(17)、NTV「先に生まれただけの僕」(17)ほか。

  • 1997年生まれ。大阪府出身。2011年「ガールズオーディション2011」のグランプリを受賞し、12年CX「息もできない夏」で女優デビュー。2014年3月、「魔女の宅急便」で映画初主演をし、第57回ブルーリボン賞・新人賞、第24回日本映画批評家大賞新人賞を受賞した。15年「夕陽伝」で初舞台。主な映画に「ガールズ・ステップ」(15)、「天使のいる図書館」(17)。テレビにTX「スケート靴の約束」(13)、CX「GTO」(14)、TX「大江戸捜査網2015~隠密同心、悪を切る!」(15)、EX「セカンド・ラブ」(15)、TBS「水戸黄門スペシャル」(15)、CX「HEAT」(15)、NHK「あさが来た」(16)、CX「早子先生、結婚するって本当ですか?」(16)、TBS「下剋上受験」(17)、TX「マッサージ探偵ジョー」(17)など。夏にNHKBS時代劇「伝七捕物帳2」、ドラマ初主演となる「ふたりのキャンバス」の放送が控えている。

  • 1973年生まれ、北海道出身。演劇ユニット「TEAM NACS」のメンバーとして活躍。HTB「ハナタレナックス」「おにぎりあたためますか」にレギュラー出演中。TEAM NACS以外の主な舞台に、「MIDSUMMER CAROL~ガマ王子VSザリガニ魔人~」(08)、「江戸の青空」(09)、「江戸の青空 弐」(11)、「モンティ・パイソンのスパマロット」「こどもの一生」(12)、「趣味の部屋」(13/15)、「スタンド・バイ・ユー~家庭内再婚~」 (15)など。最近の主な映画に、「チーム・バチスタFINAL ケルベロスの肖像」 (14)、「ホコリと幻想」「エイプリルフールズ」(15)、「永い言い訳」「ぼくのおじさん」「疾風ロンド」(16)、「一週間フレンズ。」 (17)。テレビに、NHK「ダークスーツ」(14)、CX「すべてがFになる」(14)、TBS「ヤメゴク~ヤクザやめて頂きます~」(15)、WOWOW「カッコウの卵は誰のもの」(16)、TX「昼のセント酒」(16)、TBS「死幣-DEATH CASH-」(16)、KTV「メディカルチーム レディ・ダ・ヴィンチの診断」(16)、CX「嫌われる勇気」(17)。

  • 1970年生まれ、東京都出身。俳優の他、演出家、脚本家としても活躍。現在コントユニット「表現・さわやか」を主宰しており、全作品を作・演出。また劇団「猫のホテル」でも12年の退団まで活躍した。近年の主な舞台に「はたらくおとこ」(04、16)、「ア・ラ・カルト2」(11・12・13/白井晃演出)、「4 four」(12/白井晃演出)、「BACK STAGE」(作・演出・出演/14)、「ドン・ドラキュラ」(15)「GO WEST」(作・演出・出演/15 ) 、「ありがとねぇ!」(脚本/16)、「TARO URASHIMA」(脚本/16)、「海の風景」「こち亀」(16)など。本年出演作品は「東京2/3」(5月)。また18年春には「パタリロ!2」の脚本を手掛ける。テレビは、CX「戦う!書店ガール」(15)、テレ朝「民王」(15)、テレ朝「家政婦は見た!2015」(15)、NTV「視覚探偵 日暮旅人」(16)。Eテレ「にほんごであそぼ」コーナー「百人一首」では声の出演と脚本(17~)。TBS「小さな巨人」(17)、Netflix×テレ東「100万円の女たち」(17)など多数。映画は「謝罪の王様」(13)、「トリック劇場版 ラストステージ」(14)、「マエストロ!」(15)など。Auビデオパス×テレ朝動画にて「警部補矢部謙三 人工知能VS人工頭毛」配信中。

  • 1973年生まれ。福岡県出身。99年コントユニット「親族代表」を結成。近年の主な出演作品に、舞台「瞼の母」(08)、「ちっちゃなエイヨルフ」「ネジと紙幣」(09)、「透明感のある人間」「CUT」(10)、「4 four」(12/白井晃演出)、「はぐれさらばが〝じゃあね″といった」(13)、「テンペスト」(14/白井晃演出)、「親族旅行記」「グッドバイ」(15)。映画「謝罪の王様」「映画 謎解きはディナーのあとで」「陽だまりの彼女」(13)、「ホットロード」(14)、「日本のいちばん長い日」「愛を語れば変態ですか」(15)、「リップヴァンウィンクルの花嫁」「シン・ゴジラ」「疾風ロンド」「海賊とよばれた男」「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」(16)、「キセキーあの日のソビトー」(17)など。テレビNTV「お迎えデス。」(16)、NHK「とと姉ちゃん」(16)、NHK「夏目漱石の妻」(16)、NHK 「スニッファー嗅覚捜査官」(16)、KTV「CRISIS 公安機動捜査隊特捜班」(17)など多数。

  • 1954年生まれ。北海道出身。77年にオンシアター自由劇場に入団。96年の解散まで、中核的存在として数々の舞台で活躍する。解散後は、映像にも活動の場を広げ、映画「銀のエンゼル」で初の主役、08年1月の連続ドラマ「あしたの、喜多善男」では、統合失調症で分離した一人の人間の2役という難しい主役を務める。11年の舞台「国民の映画」で読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。12年公開の映画「アウトレイジビヨンド」ではキネマ旬報ベスト・テンで助演男優賞を受賞。近年の主な舞台に「海をゆく者」(09・14)、「国民の映画」(11・14)、「藪原検校」「K.ファウスト」(12)、「あかいくらやみ~天狗党幻譚~」(13)など。主な映画は「ソロモンの偽証」「予告犯」「HERO」「MOZU」(15)、「サバイバルファミリー」「LAST COP THE MOVIE」(17)など多数。テレビはNHK「まれ」(15)、NTV「Dr.倫太郎」(15)、CX「リスクの神様」(15)、NHK大河「真田丸」(16)、ANB「グ・ラ・メ!~総理の料理番~」(16)、NTV「ラストコップ」(16)、ANB「緊急取調室」(17)。