PARCOプロデュース2019

奇子

公演日程
2019年7月19日 (金) ~2019年7月28日 (日) 
会場
紀伊國屋ホール
原作
手塚治虫
上演台本・
演出
中屋敷法仁
出演
五関晃一(A.B.C-Z) 三津谷亮 味方良介 駒井蓮
深谷由梨香 松本妃代 相原雪月花/
中村まこと 梶原善

手塚治虫による“生命賛歌”
生と性の物語『奇子』
2019年初夏、初の舞台化決定!

 2019年初夏、パルコは手塚治虫生誕90周年記念事業の一環として、手塚治虫の作品群のなかでもとりわけ特異な位置付けをなす「奇子」の初舞台化に挑みます。
 漫画の神様手塚治虫は、ヒューマニズム溢れる作品を描いた人物というイメージで一般的に知られています。しかしその一方で、策謀や背徳といった人間の心の闇、強姦や殺人などの社会犯罪、グロテスクで過激な表現など、手塚作品のイメージを払拭するような「黒い」作品も多く描いています。
 戦後の田舎社会を舞台に少女監禁や近親相姦などセンセーショナルな題材を描いた「奇子」はこの作品群の代表作となります。戦後復興を遂げ高度経済成長期をひた走った日本社会が大きな曲がり角に差し掛かった1970年代前半、手塚治虫は「奇子」を描きました。

 「奇子」は敗戦直後の東北の農村地帯を舞台に、大地主一族の遺産相続をめぐる骨肉の争いと当時の暗い世相が物語の柱となります。そこでは、登場人物たちは欲望の赴くままに、誰もがそれぞれの立場から打算的に行動します。
 一族の恐ろしい欲望の果てにこの世に産み落とされた奇子は、一族の体面のために土蔵の地下室に幽閉されたまま育ちます。
 外界から隔絶され純粋培養として生きた奇子は、やがて、<性>に対して奔放な美しい成人女性として世に放たれていくことになるのです。
 はたして手塚治虫が奇子に託したものとは何だったのでしょうか―。

 この作品の舞台化を長年切望し、「奇子」の舞台の青森県出身者でもある中屋敷法仁が、上演台本、演出を担当いたします。その研ぎ澄まされた演劇感覚や手腕で、大活躍中の中屋敷が渾身の力で創り上げる舞台『奇子』にどうぞご期待ください!



<あらすじ>
青森県で500年の歴史を誇る大地主・天外一族。村では絶大な富と権力を誇っていたが、終戦後の農地改正法により、その勢いは静かに衰えつつあった。
太平洋戦争から復員した仁朗が帰ると、家には奇子という妹が生まれていた。それは父・作右衛門と兄嫁・すえの間に生まれた私生児だった。兄の市郎が、遺産ほしさに妻であるすえを差し出したというのだ。

「うちは異常な家だ!狂ってるんだ!」

そんな仁朗も、しかし、GHQのスパイとして仲間を売って生き延びて来た。
組織の命令により、さらなる陰謀に加担して行く仁朗。
仁朗の犯した罪、一族の犯した罪=奇子が複雑に絡み合い、やがて奇子は土蔵の地下に閉じ込められ、死んだことにされる。
それから十一年後、末弟・伺朗は強く反発している。

「うちの家系はまるで汚物溜だ。犬か猫みてぇに混ざり合って、そのつど、金と権力でもみ消したんだ…」

さらに十一年後、地下で育てられ続けてきた奇子は、伺朗により地上へと出される。隠蔽した罪や過去が、次々に暴かれ、やがて一族を滅ぼすことになる。地方旧家の愛欲、戦後歴史の闇を描く因果の物語。



『奇子』…逃れられない血の「絆」(中屋敷法仁)

「絆」は尊いものである。「絆」を大切にすべきである。

誰しもが当たり前のように「絆」の必要性を説く。
人間関係の希薄化が騒がれる現代では、それも当然なのだろう。
我々は、もはや幻想と化した、誰かとの濃密な「絆」を求めている。

しかし、決して忘れてはならない。
そもそも人との「絆」とは、互いの自由を冒す、危険なものではなかったか。
逃れることの出来ない、恐ろしい呪縛ではなかったか。
そして、その忌々しい「絆」は、目にははっきりと見えないだけで、
現代にも空気のように漂い、我々を静かに縛り続けている。

手塚治虫「奇子」は、そんな絆のおぞましさが痛々しいまでに描かれている。
青森の名家・天外一族が犯してきた罪が、奇子という命として誕生する。
そこで初めて、劇中人物たちは気がつく。
互いを侮り、軽蔑しているが、結局は皆、
血族という「絆」で縛られた同じ穴のむじなであるということに。
そして、その「絆」は鎖のように心身に深く食い込み、
自分たちを土地と時代に縛り付けているということに。

東京オリンピック開幕も近い。
日本人であること、日本人同士で繋がり合う素晴らしさが、さらに叫ばれていくだろう。
安易な「絆」を求める時代に、手塚治虫が昭和に生み出した、愛おしくもおぞましい「絆」の物語を生身の俳優たちの身体で蘇らせたい。
我々が、心の奥底の座敷牢に閉じ込めてしまった数々の罪科を
血の「絆」をたぐり寄せ、この地上に引きずり出したいのだ。



※手塚治虫の「塚」は旧字体ですが、環境によっては表示できない可能性があるため、このページでは「塚」(新字体)としています。

奇子

outline 公演概要

会場
紀伊國屋ホール
料金
8,500円(全席指定・税込)
一般発売日
未定
上演時間
未定
当日券情報
未定
企画制作
パルコ/ゴーチ・ブラザーズ/ニベル
企画協力
手塚プロダクション
製作
株式会社パルコ
お問合せ
パルコステージ 03-3477-5858(月~土 11:00~19:00/日・祝 11:00~15:00)

schedule スケジュール

紀伊國屋ホール 

07
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
15
16
17
18
19
20
21
13:00
 
 
 
 
14:00
 
 
 
 
18:00
 
 
 
 
19:00
 
 
 
 
 
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
22
23
24
25
26
27
28
13:00
14:00
18:00
19:00

tickets チケット

  •  

    詳細は今後の更新をお待ち下さい

other その他の公演

  • MITO◆水戸芸術館ACM劇場<プレビュー公演> 

    期間:2019年7月14日 (日) ~2019年7月15日 (月) 
    入場料金=S席7,000円 A席6,000円 B席3,500円(全席指定・税込)
    前売開始=未定
    お問合せ=水戸芸術館ACM劇場 TEL:029-227-8123(10:00~18:00 月曜休館
         https://www.arttowermito.or.jp/

    詳細は今後の更新をお待ち下さい!

    07
    Mon
    Tue
    Wed
    Thu
    Fri
    Sat
    Sun
    08
    09
    10
    11
    12
    13
    14
    14:00
     
     
     
     
     
     
    18:30
     
     
     
     
     
     
     
    Mon
    Tue
    Wed
    Thu
    Fri
    Sat
    Sun
    15
    16
    17
    18
    19
    20
    21
    14:00
     
     
     
     
     
     
    18:30
     
     
     
     
     
     

  • OSAKA◆サンケイホールブリーゼ 

    期間:2019年8月3日 (土) ~2019年8月4日 (日) 
    入場料金=8,500円(全席指定・税込)
    前売開始=未定
    お問合せ=キョードーインフォメーションTEL0570-200-888(10:00~18:00)
         http://kyodo-osaka.co.jp

    詳細は今後の更新をお待ち下さい!

    08
     
     
     
    Thu
    Fri
    Sat
    Sun
     
     
     
    01
    02
    03
    04
    14:00
     
     
     
     
     
    18:30
     
     
     
     
     

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up