公演情報

  • スケジュール
  • チケット
  • ソーシャル
  • 特設サイト

パルコ劇場ドラマリーディング

ディレクターズチョイス Vol.3

公演日程
2010年4月24日 (土) ~2010年4月28日 (水) 
会場
PARCO劇場
◆1st
4月24日(土)〜4月25日(日)
「チェロを弾く女」
作:ギィ・フォワシィ
翻訳:山本邦彦
演出:白井晃
音楽・演奏:溝口肇
出演:りょう
◆2nd
4月27日(火)〜4月28日(水)
「スプーンフェイス・スタインバーグ」
作:リー・ホール
翻訳:常田景子
演出:長塚圭史
出演:麻生久美子

「女性」が人生を語るとき・・

演出家たちの「こんなことやってみたい」を、ドラマリーディングでかたちにする『ディレクターズチョイス』。
2007年、2008年に上演され、パルコ劇場の新たな試みとしてご好評をいただきました。

その『ディレクターズチョイス』が2010年、改修工事明けのパルコ劇場に復活!
演出家には4/24・25に白井晃。そして4/27・28に長塚圭史。
この二人がいま最も「やってみたい」かたちとは?

また、今回は演出家とのトークセッションの開催が決定!
白井晃、長塚圭史が作品の、そして劇場の可能性を観客の皆様と語る場をつくります。
ただ朗読劇を観るだけではなく、それ以上の発見がある劇場体験になるはずです。
どうぞお見逃しなく!!

ディレクターズチョイス Vol.3

作品紹介

■「チェロを弾く女」
ギィ・フォワシィ作/山本邦彦訳
白井晃演出
出演:りょう 音楽・演奏:溝口肇

人生の告白、それはチェロの音色とともに・・・
その反抗心から芽生えた楽器チェロへの思い。
少女から女へと成長を遂げるにつれ、その思いが次第に性愛の対象となってゆく。
抑圧された心に潜む狂気、その秘められた思いを語る出色のモノローグドラマ。

■「スプーンフェイス・スタインバーグ」
リー・ホール作/常田景子訳
長塚圭史演出
出演:麻生久美子

マリア・カラスの歌声とともに少女は死について考える…
人が歌とかオペラとかつくった時、大切だったのは人がどう死ぬかってことだった…。
癌に犯され、死んでゆく7歳の少女スプーンフェイスが、マリア・カラスの歌うオペラのアリアとともに「死んでゆく自分」について考え、その死と向かいあってゆく異色のモノローグドラマ。

outline 公演概要

料金
4,000円(全席指定・税込)
一般発売日
2010年4月11日(日)
上演時間
約1時間20分(休憩なし)
※公演終演後、5分間の休憩をはさみ、第二部として
約30分程度のトークショーを行ないます。
ご観劇時と同じ座席でご覧ください。
企画協力
TSP
企画製作
(株)パルコ

schedule スケジュール

PARCO劇場 

04
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
19
20
21
22
23
24
25
14:00
 
 
 
 
 
1st
19:00
 
 
 
 
 
1st
 
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
 
 
26
27
28
29
30
 
 
14:00
 
 
 
 
19:00
2nd
2nd
 
 
 
 

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up