公演情報

  • スケジュール
  • チケット
  • ソーシャル
  • 特設サイト

Ballet Flamenco Eva Yerbabuena

エバ・ジェルバブエナ 

フラメンコ舞踊団

公演日程
2014年3月22日 (土) ~2014年3月23日 (日) 
出演
エバ・ジェルバブエナ
演目
3月22日(土)17:30開場/18:00開演
『 泥と涙 』[ 世界初演 ]

De la Cava, Barro y Llanto

3月23日(日)14:30開場/15:00開演
『 雨 』[ 日本初演 ]

Lluvia

名実共に頂点に君臨する正統派フラメンコの女王
エバ・ジェルバブエナ来日公演決定!

 本邦初のアフタートーク決定!!
 エバ・ジェルバブエナ本人が作品への思いを語る。 
 
 各日公演終了後、若干の休憩をはさみ、アフタートークを行います。 
 該当公演のチケットを持ったお客様が対象です。
 ご観劇時と同じ座席でご覧ください。

<<アフタートークのパネラーが決定しました!>>
 3月22日(土) 坂倉まきこ(Makiko Sakakura) フラメンコ・コーディネーター
1994年から10年間ラテンアメリカで過ごす。そこでフラメンコと出会い、1999年より本場スペインに通い始める。数多くのアーティストの舞踊クラスに参加する一方、カンテ、ギター公演も見逃すことなく各地で鑑賞。日本に帰国後、スペインでのフラメンコ経験を活かし、コーディネーターとしてスペイン人アーティスト招聘企画やフラメンコ通訳、翻訳、執筆などに携わる。現在も日本〜スペインの往復を続けながら、フラメンコの広報活動に従事。主な仕事にアルカンヘル来日公演の企画制作、NHK「黒木メイサ スペイン フラメンコ 魂の踊りと出会う旅」コ―ディネイタ―、DVD「アントニオ・ガデスその人生と舞踊の倫理」字幕作成等。スペインのフラメンコ誌Guia FLAMA 日本担当(www.guiaflama.com)、2012年ビエナル・デ・セビージャ:ヒラルディージョ賞審査員。ウェブサイト、フラメンコシティオのフラメンコ・ウォーカー執筆中。

 3月23日(日) 石井達朗(Tatsuro Ishii) 舞踊評論家
 関心領域は、現代舞踊、祭祀、呪術芸能、サーカス、ジェンダー/セクシュアリティからみる身体文化。カイロ国際実験演劇祭(2002年)、朝日舞台芸術賞(2001~4年)、トヨタコレオグラフィーアワード(2006年)などの審査員、韓国ソウルの国立劇場における舞踏フェスティバル実行委員長(2005年)。著書に『アウラを放つ闇』(PARCO出版)、『アクロバットとダンス』『ポリセクシュアル・ラブ』『男装論』『アジア、旅と身体のコスモス』『身体の臨界点』(いずれも青弓社)、『サーカスを一本指で支えた男』(文遊社)、『サーカスのフィルモロジー』『異装のセクシュアリティ』(ともに新宿書房)。など


 エバが踊ると誰もが忘れていたあの感覚を思い出すのだ。心の奥底に眠っていた言葉にならない感情。痛み、歓び、熱情。そして忘れていた遠い記憶がよみがえってくる。観客の思いがエバの動きにぴったりと重なっていく。

 エバは特別なアーティストだ。彼女の内へとむかう視線はやがて宇宙のような広がりをもっていく。スペーン国立バレエ団で客演し、自らの舞踊団を結成し、ピナ・バウシュに招かれヴッパタールで踊った1998年はエバにとって特別な年だった。

 あれから15年。舞踊団で意欲的な新作を次々と発表し、クラシックのジョゼ・マルティネスやアントニオ・ガデスなどスペインを代表する舞踊家におくられる舞踊国家賞も受賞した彼女は今、最も充実した舞台をみせてくれるフラメンコ舞踊家だ。ニューヨーク、パリ、ロンドンを初め世界中のダンスの殿堂も彼女が踊ると感動の嵐に包まれる。伝統のフラメンコがピナにインスパイアされ新しい生命を得た。

 これまでの作品の中からよりすぐった振付けを次々とみせていく「泥と涙」はいわばエバによるフラメンコのアンソロジー。彼女の代表作である、フラメンコの母とよばれる曲ソレアなど純粋にフラメンコを堪能することができるだろう。

 2009年に初演された「雨」はエバの憂鬱から生まれたという。通じあうことのできないもどかしさや悲しさをテーマにフラメンコ曲でつづっていく作品で、こちらも最後に踊られるソレアが圧巻。同じ曲でも全く違う構成振付けにトライしていくところがいかにもエバらしい。ひとつのところにとどまることなく、常に進化していく。そうフラメンコは進化し続けるアートなのだ。
                   志風恭子(フラメンコ・ライター、評論家)

:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

エバ・ジェルバブエナ 魂の深淵が踊りへと昇華
魂の深淵が踊りへと昇華   エバ・ジェルバブエナ 伝統と完璧な技術に裏付けされた情熱的な踊りで、若くして女性フラメンコ舞踊家としての地位を築いたエバ・ジェルバブエナは、1998年28歳で舞踊団を旗揚げし、2作目『5ムヘーレス5(2000年)』で、フラメンコ従来の動きに縛られない独特の感性に彩られた、新しい舞踊世界を生み出した。
『ラ・ボス・デル・シレンシオ(02)』、『ア・クア   トロ・ボセス(04)』、『エル・ウソ・デ・ラ・メモリア(06)』と、作品度にその評価を上げ、『ジュビア(09)』では格式の高い   マドリード・サルスエラ劇場の150周年のシーズン開幕を飾る。
2001年に国家賞であるプレミオ・ナシオナル・デ・ダンサを受賞。
ドイツの   コンテンポラリー舞踊家ピナ・バウシュ舞踊団に客演ほか、マイク・フィギス  監督映画 『フラメンコ・ウーマン(97)』、『ホテル(01)』に出演するなど、世界を股にかけて活躍する、スペインを代表する舞踊家の一人である。

目に映るものをそのまま映し出した写真ではなく、受けた心の動きを描く印象派の絵。それがエバ・ジェルバブエナのフラメンコだ。エバは怒り、悲しみ、喜びといった直接的な感情ではなく、愛、痛み、メランコリーといった、感性の風景を表現する。
彼女自身の体験に基づいた、あまりに親密な世界。しかしその抽象的な“声”が、これほど心に響くのはなぜだろう。そこには痛みに満ちた沈黙がある。その中に、私たちは女性の、人間の、魂の奥深さをまざまざと見る。
エバの体験は私たち自身の体験と重なり、心を掻き立て、そしていつしか涙が頬を伝うのだ。 進化する現代フラメンコの様々な試みの中で、心の情景を描くエバ・ジェルバブエナの舞台は、ひときわ大きな金字塔を打ちたてた。 彼女はその感性の目で、遠く未来を見つめている。
                    東敬子(フラメンコ・ライター、評論家)

  • 10月24日 (木) 18:00~10月28日 (月) 18:00

  • 10月24日 (木) 18:00~10月28日 (月) 18:00

  • 11月9日 (土) 10:00~

エバ・ジェルバブエナ 

outline 公演概要

会場
新宿文化センター 大ホール
料金
S席:12,000円 A席:10,000円(全席指定・税込)
2演目セット券(S席):23,000円(全席指定・税込)
※2演目セット券は、チケットスペースにて電話予約のみ取扱い
一般発売日
2013年11月9日(土)
上演時間
両日とも約80分(休憩なし)予定
当日券販売
開演の60分前より、新宿文化センター 大ホール受付にて販売いたします。
主催・企画制作
PARCO
後援
スペイン大使館、セルバンテス文化センター東京、日本フラメンコ協会
協力
パセオ・フラメンコ
フラメンコ・シティオ / El Sitio Flamenco
制作協力
f-square
お問合せ
チケットスペース 03-3234-9999



※未就学児の入場不可
営利目的の転売禁止
※車イスでご来場のお客様は、事前にチケットスペースへご連絡ください

schedule スケジュール

新宿文化センター 大ホール 

03
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
17
18
19
20
21
22
23
15:00
 
 
 
 
 
18:00
 
 
 
 
 


※日によって演目が異なります。
3月22日(土)『 泥と涙 』De la Cava, Barro y Llanto [世界初演]
3月23日(日)『 雨 』Lluvia [日本初演]

tickets チケット

other その他の公演

  • HYOGO◆兵庫県立芸術文化センター KOBELCO大ホール 

    期間:2014年3月26日(水)19:00開演
    深遠なるフラメンコ芸術の極致。
    真のカリスマEva、関西初登場!!
    上演演目:『泥と涙』(世界初演)


    料金:A席:10,000円 B席:8,000円 C席:6,000円 D席:4,000円(全席指定・税込)
    前売開始:2013年10月20日(日)
    主催:兵庫県、兵庫県立芸術文化センター
    お問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00〜17:00 月曜休み※祝日の場合翌日)
         http://www.gcenter-hyogo.jp/
         ※プレイガイドのお取り扱いについては各プレイガイドにお問合せください。

    チケット取扱い

    芸術文化センターチケットオフィス
    0798-68-0255(10:00〜17:00 月曜休み※祝日の場合翌日)
    http://www.gcenter-hyogo.jp/

    e+(イープラス)
    http://eplus.jp/

    チケットぴあ 
    http://pia.jp/t/
    0570-02-9999(Pコード:430-915)

    ローソンチケット
    http://l-tike.com
    0570-000-407(オペレーター対応)
    0570-084-005(Lコード:53968)

    直接購入
    芸術文化センター2階総合カウンター(10月22日(火)より、残席ある場合のみ)、
    ローソン、サンクス、ファミリーマート、セブンイレブン、サークルK、ミニストップ

    ※未就学児のご入場はお断りいたします
    ※やむをえない事情により出演者、演目等が変更となる場合がございます。予めご了承ください。

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up