公演情報

  • スケジュール
  • チケット
  • ソーシャル

世界は一人(仮)

公演日程
2019年2月24日 (日) ~2019年3月17日 (日) 
会場
東京芸術劇場 プレイハウス
作・演出
岩井秀人
音楽
前野健太
出演
松尾スズキ 松たか子 瑛太
・平田敦子 菅原永二 平原テツ 古川琴音

岩井秀人作・演出作品「世界は一人(仮)」
松尾スズキ、松たか子、瑛太ほか、豪華キャストを得、
2019年春、東京芸術劇場 プレイハウスにて上演決定!

2003年に「ハイバイ」を結成した岩井秀人は、東京でありながら東京ではない小金井の持つ“大衆の流行やムーブメントを憧れつつ引いて眺める目線”を武器に、家族間の確執、トラウマ、個人の自意識の渦、自意識の裏返り、ひきこもり、集団と個人、等々についての描写を続け、今その新作が最も注目される劇作家の一人です。2013年『ある女』で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。また、映像作品でも、2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞を受賞するなど、その才能は演劇界におさまることなく高い評価を得ています。

綿密な取材をもとに、人間の赤裸々な営みを鋭く浮き彫りにし深刻なテーマを内包しながらも、“おばちゃんにもわかる”平易な言葉で、笑って泣ける、繊細な喜劇に仕立てる手腕の持ち主である岩井秀人。その岩井秀人が、東京芸術劇場プレイハウスで、今までとは違うスケール感の音楽劇へ挑戦します。
松尾スズキ、松たか子、瑛太をはじめ、岩井が出演を切望した俳優陣が彩る、“ある悲惨な男の物語”にご期待ください。



岩井秀人 コメント
今までハイバイとわたくし岩井の作品は300人キャパ以上の劇場は不可能と言われておりましたが、ここ3年ほど策を練りまして、なんとかなりそうです。
あっちゃこっちゃに取材し、世界の美しきイビツさを集め、その美しきイビツさをすでに後光としてまとっているキャストがこれでもかと揃ってしまいました。
演劇としてもあまり見たことがないものになると思います。お楽しみにです本当に。

■<作・演出>岩井秀人(いわいひでと) プロフィール
1974年6月25日生まれ。東京都出身。2003 年ハイバイを結成。 2007 年より青年団演出部に所属。注目の劇団ハイバイの主宰。2012年NHKBSプレミアムドラマ「生むと生まれるそれからのこと」で第30回向田邦子賞、2013年「ある女」で第57回岸田國士戯曲賞を受賞。代表作「ヒッキー・カンクーントルネード」「おねがい放課後」「て」。
2018年8月18日(土)より東京劇術劇場 シアターイースト、シアターウエストにて劇団の15周年記念「て」「夫婦」の同時上演を行う。

世界は一人(仮)

outline 公演概要

会場
東京芸術劇場 プレイハウス
料金(全席指定・税込)
S席:8,500円 A席:7,500円
U-25チケット:6,000円(観劇時25歳以下対象、当日指定席引換、要身分証明証/チケットぴあ、パルステ!にて前売販売のみの取扱い)
一般発売日
2018年12月15日(土) 予定
上演時間
未定
当日券情報 
未定
企画制作
パルコ/quinada /ニベル
共催
東京芸術劇場(公益財団法人東京都歴史文化財団)
製作
パルコ

※未就学児の入場不可
営利目的の転売禁止
※車椅子でご来場予定のお客様は、あらかじめS席のご観劇券(チケット)をご購入の上、座席番号をパルコステージ03-3477-5858(月~土11:00~19:00/日・祝11:00~15:00)までお早めにご連絡くださいませ。(受付はご観劇日前日まで)
 ご観劇当日、係員が車椅子スペースまでご案内いたします。また、車椅子スペースには限りがございますため、ご購入のお座席でご観劇いただく場合もございます。予めご了承くださいませ。なお、車椅子スペースの空き状況につきましては、パルコステージにてご案内しておりますので、チケットご購入前にお問合せくださいませ。


※詳細は今後の更新をお待ち下さい!

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up