公演情報

  • スケジュール
  • チケット
  • ソーシャル

島唄情け唄

~知名定男・大城美佐子二人唄会

公演日程
2008年5月8日 (木) ~2008年5月9日 (金) 
会場
PARCO劇場
出演
知名定男/大城美佐子

沖縄民謡界を代表する唄者、知名定男と大城美佐子の2人が揃い踏みするコンサートがついに実現!

沖縄民謡界を代表する唄者、知名定男と大城美佐子の2人が揃い踏みするコンサートがついに実現!
長期にわたる互いの音楽活動で、数々の傑作アルバムを発表し、琉球フェスティバルなど沖縄の伝統・文化を広めるイベントにも多数参加しているのは周知のとおり。また若手の育成も熱心で、幅広い層のミュージシャンから慕われるなど、沖縄で知らぬ人はいないほどの重鎮です。
昨年は両者共に芸能活動50周年を迎え、それを祝う盛大なコンサートも開かれ、旺盛な活動は衰えるばかりかますます盛ん。偉大なる先達から受け継いだ歌への思いを継承って独自の世界で、沖縄民謡の未来について真摯に取り組んでいることがわかります。
そんなベテランが存分に唄い、三線(サンシン)の音色を愉しんで頂く二夜。どうぞご期待ください!

知名定男 CHINA SADAO プロフィール
かつて琉球民謡の天才といわれ、日々、沖縄音楽の未来を思索し創造し続け、ネーネーズのプロデューサーとしても知られる。1945年大阪に生まれ。父は琉球民謡界に多大な功績を残した、故・知名定繁。
小さい頃から音楽的才能を発揮していた少年は57年米軍統治下にあった沖縄へ密航し、登川誠仁に師事。同年『スーキカンナー』で華々しくデビュー、"天才少年現わる"と一躍脚光を浴る。72年、沖縄音楽史上空前の大ヒット曲『うんじゅが情どぅ頼まりる』を作詞/作曲。78年、アルバム『赤花』(ポニーキャニオン)で本土デビュー。収録曲『バイバイ沖縄』は、島唄にレゲエをミックスさせた曲として注目される。91年の『IKAWU』から始まるネーネーズのプロデュースの傍ら、同年ソロアルバム『島うた』、92年には盟友・徳原清文とともに『島や唄遊び』、96年二代目襲名披露公演のライブ版『遊び唄・情け節』を発表。プロデュースの方はブラジル在住の沖縄系二、三世でつくる民謡グループ《トントンミー》、男性4名からなる琉球民謡グループ《ザ・フェーレー》、鳩間島の《鳩間可奈子》、初代ネーネーズの《吉田康子》、新生《ネーネーズ》など多数のアーティストを手がける。2004年には師匠の登川誠仁とアルバムをリリース。同年大阪ドームの琉球フェスティバルに2人で出演。また大阪に於ける琉球フェスティバルのプロデュースを初回から担当。昨年芸能生活50周年記念公演を行なう。民謡からウチナーポップ、オキナワンロックなど幅広い沖縄音楽界のまとめ役として君臨し、沖縄で彼を知らないものはいない。

大城美佐子 OSHIRO MISAKO プロフィール
沖縄民謡界の大御所女流唄者。大阪市大正区北恩加島生まれ、名護市辺野古育ち。20歳頃から古典音楽や舞踊を習う。普久原恒勇や上原直彦らに強く勧められ、知名定繁に弟子入りして民謡の道に進む。1962年シングル『片思い』でデビュー。故・嘉手苅林昌の相手を務め、「女嘉手苅」とまで称される実力を発揮し、以後、レコード・CD、パリなどの海外・国内の公演、映画『ナビィの恋』『ホテル・ハイビスカス』『涙そうそう』、テレビなど多方面での活動を続け、昨年、芸能生活50周年を記念し、那覇市民会館大ホールを満員に埋めた他、琉球フェスティバル東京、福岡、広島等で公演を行なう。

■大城美佐子の店「島思い」 http://www.shimaumui.net/

島唄情け唄

outline 公演概要

料金
7,000円(全席指定・税込)
一般発売日
2008年4月5日(土)
企画制作
ディグ音楽プロモーション/大城美佐子オフィス/PARCO CO.,LTD
協力
Tuff Beats

schedule スケジュール

PARCO劇場 

05
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
05
06
07
08
09
10
11
19:00
 
 
 
 
 

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up