公演情報

  • スケジュール
  • チケット
  • ソーシャル
  • 特設サイト

パルコ劇場「新」スタンダードシリーズ

トーチソングトリロジー

公演日程
2006年11月20日 (月) ~2006年12月7日 (木) 
会場
PARCO劇場
ハーヴェイ・ファイアステイン
上演台本・演出
鈴木勝秀
出演
篠井英介 橋本さとし
長谷川博己 奥貫薫 黒田勇樹 木内みどり

エミ・エレオノーラ(VOCAL&PIANO)

パルコ劇場「新」スタンダードシリーズ第4弾
伝説の舞台を今ここに。
「トーチソングトリロジー」上演決定!

時代を越え今あらたに、そしてネクスト・ジェネレーションへ。
2003年に30周年を迎えたパルコ劇場。さらなる30年後へむけスタートした「新」スタンダードシリーズ。『ベント』、『ドレッサー』『メアリー・ステュアート』、に続き、第4作目はパルコ劇場のエポックメイクとなった伝説の舞台『トーチソングトリロジー』です。
時代を越え、そこに描かれている普遍的な人間の本質を、時代の新しい切り口を模索しながら、新時代のクリエーターとともに創作していく「新」スタンダード・シリーズ、若き演劇ファンの皆様へ、あらたな『名作』の感動をお届けします。

時代は「愛」を求めている。
それを求めるのはいけないこと?
ちょっと痛い3つの愛の物語(トーチソングトリロジー)。心に愛が満ちてくる・・・。

1978年、作家自身の主演でオフ・オフ・ブロードウェイの老舗「ラ・ママ」で初演した1幕劇『インターナショナル・スタッド』から始まり、『子供部屋のフーガ』と『未亡人と子ども 最優先』を続けて公演し、1981年にはこの3作品をまとめて『トーチソングトリロジー』となりました。大人気となった本作品は1982年にはブロードウェイにあがり、1983年トニー賞の最優秀作品賞と主演男優賞を受賞。3年間のロングラン公演となりました。
パルコ劇場では1986年に鹿賀丈史、西岡徳馬、佐藤オリエ、山岡久乃他によって日本初演され、センセーショナルを起こし、その2年後にも再演を果たしております。1988年には舞台同様作家自身の主演、アン・バンクロフト、マシュー・ブロデリックの共演により映画化もされ、映画界でも不朽の名作として位置づけられております。
センセーショナルを巻き起こした「トーチソングトリロジー」。当時は同性愛を扱った作品として、時代の先駆として上演されました。しかし、本作品で描かれているのは同性愛に対する偏見や、それゆえに虐げられたゆがんだ愛ではありません。人を想い、その人のために生きていくこと、それが「愛」なのだということ、「愛する」ということはとってもシンプルなことで、ただ自分自身が難しくしてしまっているということをこの作品は私たちにきっと思い出させてくれるでしょう。
どの時代も、どんな人も求めているものは、愛です。殺伐とした事件がメディアから聞こえてくるこの頃、人を想い、人を愛することの素晴らしさを少しだけ立ち止まって感じてみませんか?
愛し、愛されること、人間の普遍的な本質を描いた『トーチソングトリロジー』、
この秋、パルコ劇場は愛で満たされます。

トーチソングトリロジー

outline 公演概要

料金
7,500円(全席指定・税込)
学生券(当日指定席引換)4,000円
一般発売日
2006年10月7日(土)
上演時間
約3時間15分(休憩含む)
主催
TOKYO FM
企画製作
(株)パルコ

schedule スケジュール

PARCO劇場 

11
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
20
21
22
23
24
25
26
13:00
14:00
18:00
19:00
 
Mon
Tue
Wed
Thu
 
 
 
27
28
29
30
 
 
 
13:00
 
 
 
14:00
 
 
 
18:00
 
 
 
19:00
 
 
 
12
 
 
 
 
Fri
Sat
Sun
 
 
 
 
01
02
03
13:00
 
 
 
 
14:00
 
 
 
 
18:00
 
 
 
 
19:00
 
 
 
 
 
Mon
Tue
Wed
Thu
Fri
Sat
Sun
04
05
06
07
08
09
10
13:00
 
 
 
14:00
 
 
 
18:00
 
 
 
19:00
 
 
 

other その他の公演

social ソーシャルネットワーク

Twitter

(ハッシュタグ #PARCOSTAGE)

Facebook

PLAYチケット会員について

オンラインショップ

up